シックハウス

シックハウス(化学物質過敏症)対象物質の測定

シックハウス症候群とは、オフィスビル・マンション・学校及び病院などの新築及び改修時に、壁のクロス張りに使用する接着剤や家具類から発生するVOCs(揮発性有機化合物)が原因で頭痛・めまい・吐き気などを引き起こす健康被害のことです。

居住空間での化学物質の濃度は、厚生労働省により指針値が定められています。これを超える濃度になると健康を害する恐れがあります。

居住空間での化学物質の濃度指針値

対象物質指針値
ホルムアルデヒド 0.08ppm
トルエン 0.07ppm
キシレン 0.20ppm
パラジクロロベンゼン 0.04ppm
エチルベンゼン 0.88ppm
スチレン 0.05ppm

弊社では、安心で快適な住環境と労働環境の為に、厚生労働省の基準に則した測定を承っております。
新築物件やリフォーム直後などは是非測定をご用命ください。

サービスに関するお問合わせはこちら

ページの先頭へ戻る